.txtファイルを.cfgファイルに変換する方法

こんにちは! .txtファイルを.cfgファイルに変換する方法について学びましょう。



これは、.cfgファイルが内部でどのように見えるかです。



まず、わかりやすく説明します。.cfgファイルは一度に多くのものになりますが、今日はそのうちの1つだけに焦点を当てます。

.cfgファイルは、基本的に一般的な設定ファイルです。さまざまな設定や構成情報を保存できます。多くのプログラムは、さまざまな形式でデータを保存するその信じられないほどの能力のためにそれを使用しています。あなたが疑問に思っているなら .cfgファイルを開く方法 、残念ながら、手動で開くべきではないことをお伝えする必要があります。それでも彼らは できる テキスト形式で保存されます。



選択したプログラムにデフォルトの.cfgファイルを生成する機能があるかどうかを確認する場合は、構成ファイルを選択して、デフォルトのディレクトリから移動する必要があります。あなたのアプリがバックグラウンドで開いていないことを確認してください。その後、プログラムを実行してディレクトリを確認します。そこで、新しい.cfgファイルが作成されているはずです。

.cfgをテキストエディタで開きたい場合は、コンピュータにあるものなら何でも使用できます。また、何もインストールされていない場合は、ダウンロードしてください。また、ファイルを編集して希望の状態にし、同じ形式で保存することもできます。

各ファイルには、Windowsプログラム用に異なるパーソナライズされた設定があることに注意してください。ただし、必要がなければ、サードパーティのソフトウェアをインストールしなくても、.cfgを開いて編集することもできます。



PCで.cfgファイルを開いて編集する方法は次のとおりです。

ステップ1。 PCのデスクトップで[スタート]ボタンを見つけて押します。 .cfgの名前を覚えている場合は、[スタート]メニューの検索フィールドに入力します。 [Enter]をクリックします。

ステップ2。 結果に目的のファイルが表示されたら、それを選択して右クリックします。また、注意が必要な特定のメニューが表示されるはずです。 [プログラムから開く]をクリックします。プログラムのポップアップリストが表示されたら、[メモ帳]をクリックします。



ステップ3。 開いた.cfgを表示して、ビジネスに取り掛かります。編集してください!ただし、真剣に、適用することを決定した変更の種類に細心の注意を払ってください。その代わりに、編集したファイルを、将来使用するプログラムに依存させます。

ステップ4。 すべての編集が完了したと思ったら、「Ctrl + S」キーの組み合わせを押します。それはあなたのファイルを保存します。形式は同じになるため、.cfg拡張子は保持されます。

そしてそれだけです!この小さなステップバイステップを楽しんでいただき、今後もステップを使用していただければ幸いです。将来そのようなことをしてほしいかどうかを知るために、必ず下にコメントを残してください。素敵な一日をお過ごしください。またお会いしましょう!